世の中には多くの小売店があります。その小売店にはチェーン店もあれば個人のお店もあります。どちらのお店も経営していく上で大事なことは沢山あるものです。お店は人・物・金の3つが基本と言われています。この人・物・金を上手に管理していくことができれば、そのお店は経営に成功すると言われているのです。人はそこで働く従業員のことです。自分がお店の経営者であればパートやアルバイトがこの従業員にあたります。店長を雇っている場合はこの店長も従業員として数えられます。従業員はお店でお客さんと実際に接する機会が多い人間です。この従業員たちに接客を教育することが必要です。来店したお客さんに喜んでもらえるようにすること、または不快な思いをさせないようにするためにも教育が必要なのです。物は在庫管理のことです。在庫管理ができなければお店に様々な不具合が生じます。在庫が少ないと物を売ることができません。逆に多いと在庫を探したり片付けたりするのに手間がかかります。在庫は適正でなければお店にとっても大変なのです。金は売上金やお客さんとつり銭のやり取りをするための準備金です。この金はお店が様々な商品やサービスをお客さんに提供した報酬です。また、これらをするために事前に用意しなければいけないものです。これらの金は内部不正や強盗への対応もそうですが、お店を経営していく全ての費用になります。日本の小売店が人・物・金を管理していければ日本経済はもっと良くなるのです。

在庫管理がなぜ必要なのかを少し考えてみましょう。この問題は、今に始まった問題ではなく、物品販売を生業とする人にとっては大昔からの大問題です。基本原理として、在庫を持たないと顧客に対して商品を出荷することができません、しかし在庫を持ちすぎると費用がかさみ経営を圧迫してしまいます。したがってどの程度の在庫を持つかというバランスの取り方が商売の鍵を握っているわけです。まず在庫を持つことのメリットは何でしょうか。在庫があれば注文に対して迅速に商品を供給できます。また自社で製造部門を持っている場合は、製造部門と販売部門の間のバッファーとしての役割も果たしてくれます。一方で在庫を持つことのデメリットは何でしょうか。メリットの逆で、第一に顧客からの注文への対応が遅くなります。また幾ら在庫があっても気にしない状態になると、会社の中で商品が売れなくても大きな問題ではないという空気が生まれる場合もあり、経営的観点から大きなデメリットなります。これらのメリットとデメリットは業種や会社の形態などによっても変わってきますので、個別のケースについて考えればもっといろいろ挙げられるでしょう。つまるところ、在庫は多すぎても少なすぎてもだめで、会社の状況、業界の状況を踏まえ、メリットとデメリットのバランスが上手く取れるように、最適な状態を見つけなくてはいけません。このような作業のことを「在庫管理」呼び、さまざまな方法が今日まで提案されてきています。これまでどうも在庫管理が上手くいかなかったという方などは、たとえば専用のパソコンソフトなどを導入してみるのも一案かもしれません。

在庫管理は会社の土台です。在庫がなければ商品を売ることができません。たとえば製造業ですと部品や原材料の管理。完成した品物の管理などに小売業ですと商品の在庫の管理。製造業では生産管理も大事です。MRPというやり方やSCMというやり方などがあります。小売業はPOSがほとんどです。MRPについて説明します。日本語で資材所要量計画とも言います。部品表と基準生産計画をもとに資材の所要量を求めます。これを基準に資材の発注、納入、出荷を決めることができます。MRP2というやり方もあります。生産資源計画とも呼ばれています。生産能力計画、人員計画、ぶっりゅう計画もカバーできます。POSのやり方を説明します。主にバーコードに使われます。販売時点情報管理とも呼ばれてます。業種向けのものもあります。アパレル向けには色サイズ別在庫管理や商品カタログについてなどがあります。商品向けには賞味期限管理などがあります。他にもいろいろな業種向けがあります。また発注、仕入れ管理、支払いの締めまで管理できるものもあります。商品管理の充実や業務プロセスの改善にも役立てることができます。またピッキングリストを作成する際に利用すると便利なものもあります。出荷の効率化とモレを防止できるものもあります。多拠点、多ユーザ-の管理にも応用できるものもあります。タブレットPCを使い管理する方法もあります。バーコードがなくても管理してその場で把握することができます。